師匠は作らない

fxは誰に教えてもらったのですか?と聞かれる事もあります。私は自力でやっていますと答えています。誰からに教えてもらうと言う事は一見、fxで成功する近道なようにも思いますが、私はそれは逆だと思います。教えてもらうと言う事で甘えてしまって自発性がなくなってしまう事が怖いのです。人間は弱いので誰かに頼りたいという気持ちになる事は当たり前なのですが、責任を誰かのせいにしたいと言う事も含んでいるので失敗をすると、誰かのせいにしてしまいがちです。そうすると、失敗した意味が失われて改善に繋がりません。全て自分の責任なので自分で改善すると言う事を約束したかったのです。自分自身に。ストイックかもしれませんがこのくらいでないとトレードはできないと思いますね。もちろん、自制ができる人であれば誰かに教えてもらう事はとても良い事だと思います。しかし、私のような凡人であればなかなか難しい事でもあります。これからも自己流で失敗しながらも、自分で考えてトレードに反映していきたいと思っています。誰かに任せて良い結果となった事を聞いたことがありません。任せるにしても自分でもできる状態にしておくことが鉄則であると思います。

fxは長く付き合えるようにしよう

fx相場は絶えず続いています。経済活動が続く限りチャンスがあると言う事です。しかし、私たち投資家は資金がなくなれば終わりです。その後、どんなに素晴らしいfxチャンスがきたとしても投資ができなければ意味がありません。もしかすると、fxを辞めた次から法則性のある相場が現れるかもしれません。それは日々相場をチェックしておかないとわからない事です。なので、fxは継続してやったほうが良いです。別にトレードをしなくても良いので相場は常に見ておいたほうが良いと思います。そうしないとチャンスが来た時に乗れないのは悔しいですからね。私はほとんど家にいますが、どうしても外出しなければならない時は、それこそ携帯電話をもっていきそこからレートチェックやチャートチェックをするようにしています。ぼけっとしている間にチャンスが逃げていくかもしれないと考えるといつも相場を見ていないといけないと思います。というのも、過去にそのような悔しい思いをしたことがあるのです。それまで必死で勝ちにくいなと思いながら勝負していましたが、目を離したときに自分が得意なチャートパターンが来ていたのにも関わらずスルーしてしました。そういう事を体験してしまうと次は絶対に取ろうと思います。長くfxをするうえで大切なことではないかと思います。

スワップ運用は辞めた

fxの魅力の一つとしてスワップ金利が言われますが、それは辞めたほうが良いです。スワップとは交換という意味で通貨間の金利差をもらうと言う事ですが、それは微々たるものですし値動きで損益が出れば一気にそれは吹っ飛びます。リーマンショックから円高が進行しましたが、ここで多くのスワップ運用派の人たちが大損害となりました。ここまでは下がらないだろうと思い放置していましたが、歴史的な変動により一気にロスカットされてしまい、損益だけが残ったという形です。スワップ運用の難しい所は値動きとそのリスク管理もそうですが、資金管理を日々チェックしておかないといけないということもあります。どの程度の変動に耐えられるか、どれくらい収益が変動するのかなど、スワップ派と言えば放置して勝手に金利が入ってくると言うイメージでしょうが、そんなに甘くありません。放置すると後で痛い目に会ってしまう事はこれまでの為替相場で実証済みです。それを考えるとリスクとリターンの関係から割にあいません。それであれば短期トレードでまとまった利益を取りに行くほうがリスクとリターンがフェアであると思います。私はポジションを長くもつfx手法はお勧めしません。

情報収集を絶えず行う

ネットが発達してくれたおかげで家にいると携帯電話も要りません。いつもスカイプで無料で音声会話をすることもできますしチャットをすることもできます。データのやり取りもできますしとても便利です。本当に私が子供のころであればこんな世の中は考えられなかったです。もしかして10年後にはさらに予想もできない世の中になっているかもしれませんね。そういうワクワク感を作れるように政府はがんばってほしいです。自分の事を棚に上げていうのもどうかと思いますが、現在であれば家で何の行動を起こさないでいるほうが心地が良いです。わざわざしんどい思いをして働く意味がわかりません。そのような社会にしてしまったのは政治です。もっと働くほうが良いんだよという事をPRしてほしいです。さて、少し脱線してしまいましたが、ネットの発達で情報が手に入りやすくなりました。自分の周りではfxをやっている人がいなくてもネット上では盛んにフォーラムが出来て活発な議論もされています。そういう話しに入ることは楽しいですし有益な情報を得らる事があります。こういう事を繰り返す事で、さらに良い情報を手に入れる事ができますので、最初は手探りであってもおもしろいなと思うサイトを見つけて、情報の輪を広げる事が大切です。

得意なパターンを作ろう

fxをする時に心がけている事は自分の好きなパターンがないかを見つけるようにしています。私はfxトレードはテクニカル分析を主体として行うのですが、移動平均線をベースにして考えています。移動平均線ではこれまでのポジションの傾きを知る意味で重要ですので、現在の値段と比べてどのような状態になっているのかをシステム的に理解しやすいです。そのチャートパターンによりここだったらいつもの勝ちパターン!というものがあります。おそらく勝率でいえば5割以上あれば同じ金額だけ投資していけば絶対勝てますよね。そういうパターンを探すことが大事だと思います。簡単な例でいえば、ダウントレンドが形成されていて、下げすぎた感が出て戻して上昇してきている中、移動平均線と値段がぶつかるタイミングがあります。そこで私は売りを仕掛ける事が多いです。そこでそのまま移動平均線を破って上昇となればすぐに損切りをします。しかし、そこで反転して下落していくようであれば追撃して売りを増して行きます。ここらからさらに下落が加速すればいちばんおいしいパターンです。このように自分なりの必勝シナリオを持っていれば攻めどころも掴みやすいです。そういう得意なパターンを作ることが大切です。

fxはいくらからできるのか?

fxの事を友達に聞かせるとfxって何という所から始まるのでダルいです。それくらいググれといってしまいますが、案外fxを誰でもわかるような言葉で説明することは難しいんですよね。当たり前の用語なども知らない相手なので困ってしまいます。で、結局、株と一緒だよ、みたいな事でふ~んという反応になります。そこでfxはいくらからできるの?という質問もよく聞きます。昔であれば500円くらいからできたようですが、現在はレバレッジ規制の影響で3万円くらいないと1万通貨で取引ができないので10万円くらいは必要でしょうか。それでもその他金融商品と比べるとお手軽です。10万円から1億円くらいまであっという間に利益を出したツワモノトレーダーもいるらしいので、fxでレバレッジをかけて勝負をすれば事実として可能なようです。これからfxを始めようとするのであれば10万円くらいからスタートしてみてはどうかと思います。まあ、理想は100万円くらい入れてその中でレバレッジコントロールをしながらやっていくというのが良いんですが、それだけのお金がないと言う事と、10万円くらいから試してやって行くことが良いと思います。fxはすぐに入出金もできますので、必要があれば後で足せば問題ありません。

良いfx環境を整えよう

fxはオンラインで行うものですのでパソコンと通信設備が大切になります。昔であれば通信速度が遅いのでレートの切り替えでタイムラグが起こったこともあったようですが、現在では光回線が充実していきているのでほぼ金融機関が使っている環境と同じようなシステムで取引ができるようになったようです。またパソコンも安くて良いスペックのものが出てきていますので、私たちのような一般ピープルでもそこそこのものを手に入れられるようになりました。こちらも金融機関が使っているような同じ環境になっているようです。そうなれば、プロもアマも関係なく同じ環境で勝負ができていると言う事が言えます。しかも、スプレッドもインターバンクで出ているレートより個人投資家が叩いているレートのほうがいいらしく、とてもフェアな戦いになっているのではないかと思います。昔であれば電話注文で顧客に不利なレートを出されると言う事もあったようですが、ネットで不特定多数に行うサービスでそのような事をすれば大変なことになりますしfxは透明性の高いトレードになっていると思います。と言う事は、機関投資家にも負けない環境を整える事ができるので後はfx手法を編み出せば負けないのではないかと妄想します。

二流のfxトレーダーにならない

一流と二流では何が違うのか?これはいろいろな考え方がありますので一概には言えませんが、大きな差というのは拘りがどの程度あるかどうかだと言う事がわかってきました。強烈な拘りがある人は強い。少々不安材料があったとしてもブレません。fxをしていると連敗すると、どうしても弱気になってしまい通常であれば勝負どころであっても、なかなか積極的にトレードをすることができないこともあります。しかし、一流の人はそのような局面でもがつん!と勝負を仕掛ける事ができるようです。自分の中で確固たる勝つための道筋があるんでしょうね。それがある人であれば少々の困難であってもびくともしれません。これは堪える負け方だろうなと思う事で会ってもケロっとしている事が多いですし、そいう事の差が利益の差として積み重なってくるのではないかと思います。細部に魂が宿ると聞いたことがありますが、そういう細部にまで自分が信念を持ているfx手法を持てるようにがんばりたいと思います。目指すのであれば、二流ではなく一流になりたいですし、もっともっと一流のfxトレーダーを見つけて、どうして勝てているのかについて研究していきたいと思っています。きっと他人とは違う事をしているので、人より利益を出していると思いますので。

一流のfxトレーダーになる!

fxを勉強しているととても奥が深いなと思いました。巷では上がるか下がるかのバイナリーオプションも流行っているようですが、掛け金に対して倍になる程度の勝負なのであまり妙味を感じません。fxはレバレッジをかけて勝負どころでは一気に攻める事ができるので良いです。これがその他の金融商品であればできませんので使えません。私はここぞという勝負どころであれば一気に勝負を仕掛ける事があります。それまでちまちまと損切りをしていたとしても、そういう勝負どころで一気にひっくり返すようにがんばります。特に順張りのfxトレードを心がけているので流れに沿って一旦トレンドが形成されたとすると、本当に寝ずにトレードをすることもあります。1年に数回あるかないかの大相場で動きが読みやすい時というのは、普段、読みにくい相場でトレードをするよりも何倍も楽なんです。fxは毎日稼ぐ必要もなくトータル的に利益を出しておけば良いわけですから、わざわざ勝ちにくい時に勝負をすることは良くないと思います。一流のトレーダーとは自分の勝ちやすい時にだけしか手を出さない人ではないかと、このごろよく思います。それくらい自分をコントロールできるように自制をしないと、fxでは勝ち残れないのではないかと思います。

fxニートトレーダーです!

景気減速によりフリーターの数は10年間で倍になったそうです。働いても働いてもあまりお金ももらえませんしデフレで物価が下がっていることから、あまりお金を持っていなくも楽しむことができるものが増えましたので敢えて、しんどい仕事をすることもないかなと思います。さらに、親がある程度お金を持っていれば生活する分だけ工面してもらえれば、適当にバイトするだけでも十分生活できますからね。そんな環境であれば誰も働かないと思います。しかも、ネットが発達してくれたおかげで小遣い稼ぎであれば家の中に籠ってもできます。そして、一番良いのがfxです。fxは家にいながら24時間トレードができますし、株式と違って少ない金額からトレードをすることができる事が最大の魅力です。いつでもチャンスがあるしあのドキドキ感はなかなか体験できません。そして、勝てるfx手法を編み出せば継続的に利益を出し続ける事もできると言う事が良いですね。できれば、働きもせずにお金だけ儲かるようになれば一番いいですからね。今はそのfx手法を勉強中ですが、そこそこうまくいってきていると思います。確固たるものになれば、その一部くらいはこのfxブログでも紹介したいと思っています。